転んでも起きあがるチカラ

転んでも起きあがるチカラ

こんばんはGIKILIです。

 

人は興味を持った何かを始めるときに

それについて勉強しようとしますよね。

勉強したら行動や実践に移し

失敗と成功を重ねさらに学んでいく。

 

子供の頃って色々なものに興味が湧くし

実際にやってみたりしましたよね!

今考えると

「なんでこんなことやってるんだろう!笑』

みたいなことばかりです!

 

僕が幼稚園児の時の記憶では

ひたすら【綺麗な泥だんごの作り方】

について研究していました!笑

どの土が固くて頑丈で

外面にはこの砂だと綺麗な光沢が出るとか

毎日泥だんごろ作って下駄箱に保存していました♬

 

大人になるにつれて世界が広がって

色んな情報を得る機会が増えました。

興味の湧くものも多くあったと思います。

 

でも、大人になるにつれて

継続的な努力ができなくなっています。

それは仕事が多忙であったり

他の娯楽に意識が向いてしまったり

挑戦したものの失敗したことで諦めてしまう。

 

そりゃ人間って何もしないことを楽に感じてしまうから

我慢とか苦痛を伴い、何かを犠牲にしなければならない

ことに対して自然と逃げてしまう。

分には無理だったんだ】

【才能がなかったんだ】

と言ってちょっとの失敗でやめてしまう。

 

やりきれば上手くいく。でもやりきれない

失敗=向いていない

みたいな時期尚早な判断をしてしまうんですね。

 

でも思い出してみてください。

子供の頃はどうでしたか?

どんなに失敗してもまた挑戦していましたよね?

自転車の補助輪を外す時

何度も転んで色んなところを擦りむいたり

痛い思いをしても「絶対乗ってやる」

って気持ちでいたと思います。

 

これがすぐ諦めていたら

自転車に乗れる自分はいなかったわけです。

 

九九も何度も繰り返しやりましたし

大好きなサッカーなんて

それこそ朝練もして

日が暮れるまで練習していました。

それって

【上手になりたい】

って気持ちだけだったと思います。

 

けれど歳を重ねるごとに

言い訳をするようになります。

一生懸命やって失敗したらかっこ悪いだとか

今は忙しいだとか

そんなことばかり言って

自分で自分の可能性を閉ざしてしまう。

それってすごくもったいないことです。

 

僕も学生の頃から色々と挫折してきました。

・プロのサッカー選手を諦め

・大学の時に俳優を諦め

・海外留学を諦め(在学当時)etc…

色々理由をつけてやめていきました。

 

今思うと、後先考えすぎた結果なんだと思います。

子供の頃みたいな

【夢中で取り組む】

ということをヒントにして

今取り組んでいることや

これから取り組もうとすることで

躓いてしまったとしても

起きあがる気持ちを持って

取り組んでいきたいですね!

 

GIKILI

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

最近の投稿

More

おすすめコンテンツ

主にネットビジネスの始め方や方法、個人ビジネスにおける考え方(マインドセット)をメール形式・音声形式にて配信。あなたのライフスタイルを変える方法をお伝えします。情報を求めている方は是非クリックしてみてください!
メールマガジン以外にもLINEでも情報発信を行っています。 最新のビジネス情報、投資情報を求めている方は友達登録をしてみてください♫
YouTubeにて具体的なビジネスのやり方等の講義、音声を無料配信しています。「今すぐにでも取り組みたい」という情熱のある方必見です!!!
バイクでのツーリングや海外での旅動画を配信しています。もし興味の湧くチャンネルを発見したら是非視聴してみてくださいね♫