【安さ】は人を【幸せ】にするのか?

【安さ】は人を【幸せ】にするのか?

こんばんは!GIKILIです!

 

今日は久々に浦和レッズの試合があって観戦してたんですけど

まぁあっさり自滅。。。

ホーム開幕戦見に行く予定なんですけど

このままじゃ不安だわ!!!

補強の資金は真っ当に使われているのか???

といった読んでくださる方には

全く得しない話でした!笑

 

【安く】仕入れて【高く】売る

 

さて

僕は仕事の1つで「物販」もやっているのですが

多くの方がご存知のように「物販」では

【安く】仕入れて、利益が出るように【高く】売る

これがセオリーです。

 

モチロン、在庫が余った商品や

人気のない商品はお客様への付加価値として

・原価並みの金額で売る

・原価以下の価格で売る

をしてなんとか赤字を少なくしようと努力します。

 

よく大手量販店が「決算セール」だったり

「閉店セール」をやっているのも

在庫を減らして、赤字を減らすため!

 

あとは、利益のない商品をエサに

他の商品も買ってもらって、結果的に利益を出していく。

マーケティングにも色々あります。

 

けれど、安くすることで当然消費者は「得」と思うわけですから

「SALE」というエサに見事に食いついてくるわけですね!笑

 

ただ家電や洋服などは

消費書側もなんとなくその価値をなんとなくわかっていて

頭の中でいくらかというのもある程度分かっているはずです。

 

けれどもその価値が伝わりにくいものが

【サービス】であったり、【情報】になります。

 

適正価格がわからない

 

僕の住んでいる近くにマッサージ店があるんですけど

【30分2,980円〜】

ってデカデカと看板に書いてあるわけです!

 

僕はこういったマッサージ店には行ったことがないので

単純に「30分で3,000円もかかるのか」なんて思っちゃいます。

行き慣れている方からすると当たり前なのかもしれないですけど。

 

ただこういった「サービス」の値段は消費者が判断しにくい部分で

経営者側の裁量になってきます!

そうなると消費者の思考はこんな風に流れがちです。

「安い方がお得だからそっちに行こう」

「安価なのも【質】に問題があるかも、ある程度の値段が安心

なんて思考になるわけです。

 

金額によって【質】であったり、【安全】を比較して

みんながモノを買うわけですけど、

ここ最近、多くの消費者は【安さ】に焦点がいきがちです!

 

【安さ】が人を【不幸】にする

 

ちょっと話をそらしますが、今よく言葉を聞く【ブラック企業】

あなたはどんな業種に多いと言われているかご存知ですか?

・建築、住宅業界

・保険業界

・IT業界

・ウェディング業界

・アパレル業界

・飲食業界

・旅行関連

これらが主にブラック企業と言われる企業が多い業界です。

 

何か感じますか?

これらの業界のほとんどで

熾烈な【価格競争】が行われています。

 

悪の根源は【ブラック企業】なのか?

 

世間はあからさまに

【ブラック企業】と言われる会社を悪者扱いし

「残業を減らせ」だの、「給料あげろ」だの言うわけです。

 

けれど気づいていますか?

その【ブラック企業】を生んだのは僕ら消費者でもあるんです。

 

僕らが【安さ】に飛びついて

少し値段の高いものを敬遠するから

業界で価格競争が始まり

モノの値段を下げる代わりに

商品の質や、人件費を天秤にかけるわけです。

 

そもそも消費者が安さに飛びついて

お金の巡りを悪くしているにもかかわらず

「給料あげろ」なんて、、、

そりゃ、企業としては社員1人の給料を上げるには

社員の数を減らすか、人件費が安くて済む人を雇うか

何かを削ることを考えるわけですよね。

 

そして値段を下げることは

商品そのものの【質】を急落させる要因でもあります。

安価で手に入れるということは

それなりのリスクや不備も覚悟しなきゃなりません。

 

そりゃ、人件費も抑えて、開発費も抑えて

それでもライバルが低価格を提示してきたら

最終手段は質を落として、値段を下げる。

という行為に踏み込むわけです。

それが後に大きな問題になっていくわけですが、、、

 

【質】を求めなければこの流れは変わらない

 

航空会社では LCCが格安で航空券を売りさばき

バス会社もあの手この手で値段を下げる。

それは僕ら消費者側が

「ある程度の質」よりも「値段」を重要視するから!

 

その結果

夜行バスの事故であったり

飲食の賞味期限切れ材料混入

などに繋がるわけです。

 

もちろんそういうことを起こした企業や

当事者に責任はあるんですが、

そういった事故の要因として

消費者の態度も含まれているということなんです。

 

今後消費者が

「あんな格安じゃ質が不安だから買わない」

「安すぎるのも問題あるんじゃない?」

という意識をもっと持たないことには

この負の連鎖は永遠に終わらないでしょうね。

 

もし、そうなったとしても

永遠に安さを求める人は出てくるでしょうけど。

 

適正な価格で勝負しよう

 

補足をすると

適正な価格で提供できるだけの

自信を持った【質】【価値】を提供しよう

ということです。

 

スタバがなぜあの値段で常に満席なのか?

それはスタバの環境だったり

スタバでコーヒーを飲む=オシャレ

みたいな価値を提供できているから

 

高価格のMacやiPhoneはなぜ売れるのか?

デザインや質、ブランドを付加価値として提供しているから

あんな高価格でも売れていくわけです。

 

たとえ値段が高価格であったとしても

きちんとした価値の提供をして

「あなたにこれだけのメリットがある」

ということを理解してもらえれば

当然売れていくわけです。

 

値段を下げるということは

その商品が失敗だった

あるいは

もう価値がなくなった

と認めることになります。

 

商品の【値段】【質】【安全性】

これらを総合的に判断して

買うということをしていかないと

安さに飛びつくあまり

自分自身の身も危険にさらし

労働者も苦しめる。

 

WIN-WINではなくLOSE-LOSE

の構図ができる危険があることに

そろそろ気づくべきですね。

 

GIKILI

 

ブログランキングに登録しています♬

応援クリックをしていただけると励みになります!

あなたのワンクリックで順位が上がるので応援宜しくお願いします!

 

【こちらも配信中なのでよろしく♬】

YouTubeチャンネルを作りました♬

旅の映像はモチロン、日常の映像、ドローンの空撮映像など

どんどんアップしていくので、ぜひ遊びに来てください♬

GIKILI YouTube channel

 

公式LINEもやっているので

こちらでもメッセージや質問等受け付けております!

スマホの方は下をクリックすれば友達登録できます。

友だち追加

パソコンから見ていただいている方は

スマホのQRコードで読み取ってみてください。

もしくは→【@zfy5049h】で検索していただければできます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

最近の投稿

More

おすすめコンテンツ

主にネットビジネスの始め方や方法、個人ビジネスにおける考え方(マインドセット)をメール形式・音声形式にて配信。あなたのライフスタイルを変える方法をお伝えします。情報を求めている方は是非クリックしてみてください!
メールマガジン以外にもLINEでも情報発信を行っています。 最新のビジネス情報、投資情報を求めている方は友達登録をしてみてください♫
YouTubeにて具体的なビジネスのやり方等の講義、音声を無料配信しています。「今すぐにでも取り組みたい」という情熱のある方必見です!!!
バイクでのツーリングや海外での旅動画を配信しています。もし興味の湧くチャンネルを発見したら是非視聴してみてくださいね♫
  • Slide image

  • Slide image

  • Slide image